2013年10月16日水曜日

Face Book


Face Book

ネット上の交流サイトFBにアカウント(登録)して2年目になる。今では毎日開いて見るのが日課となって楽しみの一つとなっている。FBは他の交流サイト「LINE」・「MIXI」・「ツイッター」などとは名付けの通り名前・出身地・出身校・趣味・友達関係・顔などが明らかにされていて信頼関係で成り立つ友達との交流で、ある程度の安心出来る仲間と言える。

現在2000万人が利用していると言われるが、時にはなりすましやいかがわしい友達リクエストもあって注意しなければならないが自分が選んだ友達はみんな頼もしい人々ばかりである。政治家や有名人・企業などは別で特に友達を増やそうとは思わない。それでも次第に友達は増えてゆくが嬉しいことだ。実生活の交際関係の人々とは別な社会が形成されてゆく。

時々投稿すると幾つかの「いいね」のレスポンスがあって「あぁ~見てもらっているな~」と心が通って何とも嬉しく頼もしく感じられる。反応がなくても多くの方々に見てもらっているのだろう。そして人間像・性格・行動・家族・健康など思想までも何となく知られてくるのだろう。自分を解ってもらえることに躊躇はない。人それぞれで良いのだと思う。その分自分を戒め励まなくてはならない。

投稿は両刃の剣で注意しなければならない。最近は悪ふざけの反社会的映像やFBで知り合った男女の殺傷事件などが報道されている。誰でも目立ちたい、知ってほしいなど顕在欲があるからの投稿なのだが自己満足に陥らない十分慎重な注意が必要だ。投稿を読んでもらうにはニュース性のあるトピックス(話題性)が好ましい。スクープであれば申し分ないがしかし、自慢するのはほどほどにしてほしい。長文のコメント・説明は殆どそれだけで読まれないと考えるべきだ。読む人の立場で投稿し、出来るだけ「いいね」をプッシュして上げるのがマナーだ。要するに社会の人付き合いと同じことなのだ。加入して投稿をしない人もある。ただ、見るだけでは飽きが来てつまらなくなってしまう。感じたらコメントし時々投稿して見ることだ。投稿をするためには日頃、自ら行動し好奇心を持ってネタを見つけることが必要だと思います。

FBは投稿者の人格を尊び深く立ち入らずルールを守って交流することが大切なのではないでしょうか。素晴らしい友達が増えるようFBを始めて下さい。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿