2015年2月8日日曜日

十三界隈あれこれ


十三と言えば庶民的で活気があり、肩を張らずに遊べる歓楽街と言うイメージがあります。
キャバレー・アルサロ・キャバクラ・キャバレット・ピンサロなど、さすがにストリップの木川ミュージック「ソープランド」や「トルコ風呂」は無くなりましたが、「ラブホテル街」まであります。そういえば昔は料亭「三笠」「おひろ」などもありましたね。大衆酒場・ネットカフェ・ゲーセン・ファションマッサージからサウナまであるかと思えばちゃんとした「プラザホテル」「東横IIN」ホテルもあります。とにかくあらゆる遊びがあって、24時間眠らぬ町「なんでもあり」の十三界隈です。
十三は居酒屋でなく「大衆酒場」と言います。「大衆酒場十三屋」はタイガースファンがたむろしたりユニークな酒場でしたがH26.3.7の火災で焼けたままで他の店と共に復興半ばです。新世界・京橋と違う所は、文化・芸術・歴史がキラリと光っているところです。例えばしょんべん横丁並びの立ち飲み「酒蔵富五郎」のオーナー堀口博信さんは金沢美大卒の有名な画家でパリの「エトワール賞」を受賞された方です。ナポレオン1世の帽子を落札されたキャバレー「大統領」の富岡徳太郎さん。ライブハウス「十三ファンダンゴ」は「ウルフルズ」など有名なロックアーチスト次々に育てています。がんこ寿司創業1号店も十三からです。また「ナナゲイ」と地元で呼ばれる第七芸術劇場はアート系映画館として有名です。(カニュード(伊)が映画を第7番目の芸術と称したことから名づけられた。駅前の小便小僧「見返りトミー君」も芸術といえるでしょう。ベルギーブリュッセルジュリアン君の弟としてH20214日バレンタインに誕生して十三のランドマークにと創られました。
歓楽街にはイレギュラーな進学校で有名な「北野高校」も在るのも自慢です。
さて、十三と呼ばれる由来はご存知ですか?淀川の13番目の渡しがあったなど言われま
すが昔、淀川は毛馬の閘門から天神祭りの船渡御の行われる大川に流れていました。その
支流が中津川として流れていました。今の「中津」です。明治42年大川・神崎川・中津
川を合流させ西に真直ぐ大阪湾へ流す大改修が行われて現在の新淀川となりました。中津
川の渡しはありましたが13番の渡しではありません。では、「13」と言う数は何でしょ
う?それは古代に遡ります。その頃十三は「摂津国西成郡成小路村字十三(条)」と呼れ
ていました。大化改新(645)で律令国家となり、「条里制」が決められ所謂「班田収受
の法」がしかれて耕地を6町に区切り「条」としました。1町は109mで6町は654
となります。西成郡は今の西成区山王町(飛田新地)から北へ1条~2条と数えて行くと
十三は直線で8.5km(654×13)となります。三国には現在も18条と言う地名が残
っています。これが正しいと思います。6町平方を「里」1町平方を「坪」1区画は坪)
十三の3は座布団を重ねる字で「十層」「十相」と古地図に書かれています。「つつみ」とも読みます。
昔の十三「成小路村」は新淀川の川底となります。十三駅は本来「成小路駅」となるべきでしたが、小林一三が自分の名前が偶然にも「一三」であるため「十三」としました。
さて、十三筋をバス停「加島」で降りて新幹線の高架に沿って北へ向かうと「香具波志神社」があります。「加島稲荷」とも呼ばれる村上天皇の御代959年創建の千年を越す社です。長柄豊崎宮の孝徳天皇が有馬へ行幸された時、ここに立寄られて「かごわしや 此花いもみせぬかもや この花」(香しいこの花をぜひ妻に見せてやりたいものだ。橘の花)と詠まれたことに由来している。この神社は「雨月物語」の作者「上田秋成」が逗留していたことで有名です。幼い頃疱瘡にかかりこの稲荷に父が祈願し一命を取り留めた信仰が縁となりました。また楠木正儀(まさのり正成3男)駒つなぎの楠があり戦勝祈願をしました。境内には「加島銭」の社がありますが、ここは寛永通宝が鋳造された場所で「酒は灘・銭は加島」と言われる程の品質の高い銭が造られました。
ここから神崎川にでると「十三の夜」の歌に出て来る「モスリン大橋」が架かっています。大阪市・尼崎市・豊中市の接する地点です。ここ戸の内町は平安時代からの盛り場で大江匡房(まさふさ)が「遊女記」に「娼婦群をなす、天下第一の楽地なり」と書いていますが、この頃からすでに遊郭があって遊女が法然上人の教えを聞いて集団入水自殺をしたと言う「遊女塚」があります。モスリン橋交番・スナック「けいさつ」などの名称も面白い。戦前戦後までここには遊郭があり、藤田まこともここで遊んだ思い出を歌にしました。(庄本町 くらはし総社・承久の乱の起きた原因、後鳥羽上皇の愛妾亀菊稲荷がある)
最後に享保12年・280年前の老舗・「今里屋久兵衛」の十三の焼餅をお土産にいかがでしょうか? 喜八洲の酒饅頭でも良いですが戦後のお店です。 

■十三駅東口からは昭和初期の商店街 いかけや・弓道具店・公設市場などの街が残ってい

0 件のコメント:

コメントを投稿